>  > 気付いたら

気付いたら

知らない内にななちゃんに迷惑かけていたなんて全然気づかなかったよ。デリヘルで働いてるななちゃんは、いつも夜遅くまで働いてるから帰りは物騒なんだよ。だから、内緒でななちゃんのボディーガードをしていたんだ。ななちゃんはいつも僕に「好き」って言ってキスしてくれて、一緒に気持ち良くなっているんだ。勿論僕も大好き。一緒に居る時は一分一秒も離れたくないって言って僕の腕に回したままだし。そんな可愛いななちゃんに何かあってからじゃ遅いから毎日家まで付いていっていたんだけど、ストーカーと勘違いされちゃた。違うよって弁明しても何も聞いてもらえず「もう連絡してこないで」って言われちゃった。お店に電話してもななちゃんは指名が一杯です。って予約も取れない。でも、あれだけ僕の事好きって言ってくれていたんだから、簡単に嫌いになる訳がない。そう思ったら今すぐにでもななちゃんの事を迎えに行ってあげなくちゃと気付いたんだ。僕の彼女にしてあげるから。きっとななちゃんは、泣いて喜んでくれるんだろうな。今日の夜が楽しみだな。

[ 2016-01-27 ]

カテゴリ: デリヘル体験談